眠れなくて困っていませんか?

2007年05月20日

眠れないと夜が長く感じて辛いですよね。
それを改善してくれるのが睡眠薬です。 不眠にはいろいろタイプがあり、それに応じた薬を選択しますので 自分の不眠の症状を医師に詳しく伝えてください。


■■■■■■一般的な睡眠薬の使われ方

なかなか寝つけない場合、2時間くらい効果のある薬を用います。
アモバン、ハルシオン、マイスリーetc

4〜6時間くらい効果のある薬を用います。
レンドルミン、リスミー etc

途中で何度も目が覚める・熟眠感がない
6〜8時間くらい効果のある薬を用います。
サイレース、ベンザリン、ユーロジンetc

早朝に目が覚め、その後眠れない
8〜10時間くらい効果のある薬を用います。
ダルメート、ドラールetc  

必要に応じて精神安定剤を併用することもあります。




■■■■■■ 睡眠薬を正しく服用するために


Q 自分にあった薬を処方してもらうには?  
A 不眠にも様々なタイプがあります。自分の不眠の症状、例えば「寝つきが悪い」「途中で何度も目が覚める」などを医師に詳しく伝えましょう。  

Q 眠れないから薬を多く飲んでいいですか?
A ご自分で調整されるのでなく、次回受診時、主治医にご相談ください。

Q お酒を飲んでいても睡眠薬を飲んでいいですか?
A 薬の服用前後にアルコールを摂取すると、薬の作用が増強されることがあります。絶対に避けてください。

Q 睡眠薬を飲んですぐ床に入ってもなかなか眠れないのですが?
A 入眠までの時間については個人差がありますが、薬は飲んでから30分ほどたってから効果がでてきます。眠りを意識しすぎてかえって眠れなくなる方がおられますが、そのような場合は床に入る30分くらい前に睡眠薬を飲んでしばらくゆったりした気持ちで過ごして、眠気がさしてくたら床に入るとよいでしょう。  




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「しんこきゅう」

Breathing


くるしくて
くるしくて


それでもここに来てくれたあなた。


これまで
いっぱいいっぱい
がんばってきた
じぶんじしんの「ちから」
信じてみない?
育ててみない?


おおきく
「しんこきゅう」
ゆっくり
「しんこきゅう」


まずは
そこからはじめてみようよ..。


このホームページは
ココロの悩みで苦しんでいる
大事な人を支えたい・理解したい
そういった思いを
ひとりきりで抱えて
「どうしたらいいのかが わからない」
と、悩んでいる方のための場所です。


ココロの病気への考え方や見かたを
専門的な事・詳しい事を知る前に
ココロの病気に対する
「不安」や「恐れ」という荷物を
ここで降ろしていってもらえたらなあ・・・と、
そんな風に考えてつくっています。


息をする事も忘れるくらい
くるしんでがんばってきた「あなた」が
しんこきゅうすることを
思い出せるように
こころから願っています。


ここにきてくれて
ホントにありがとう。

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。