精神科デイケア(デイ・ナイト・ケア)写真

2008年12月18日

精神科デイケア - 福岡県北九州市小倉南区【松尾病院】05.jpg
⇒続きの写真を見る




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 病院紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末恒例・・・早くやめたい

2008年12月11日

寒いですね。皆様、風邪など召されることなく、お元気にお過ごしでしょうか。北九州地区では、12月10日の午前、霧がすごくて出勤時びっくりしました。

 ところで日精協(日本精神科病院協会)と福精協(福岡県精神科病院協会)とには、それぞれ『医療問題委員会』という委員会があって、私は両方の委員です。
 それと、私は柄にもなく福精協の理事をさせて頂いているのですが、毎月理事会があります。毎年12月の理事会ではその後、福精協の事務長会・看護部長会・・・など等の各部会の会長・副会長も交えて、合同忘年懇談会を行います。その懇談会で、両方の医療問題委員会の委員をしているという理由で、医療安全〜医療事故に関する約30分の講演を毎年私がすることになっています。今回は、心理学〜人間工学の面から、『何故人はヒューマンエラーを犯すのか』というテーマで話しました。毎年なのでだんだんネタ切れになっています(苦笑)。福岡ブロックのK理事は『小生のディナーショー』などと冷やかしますが、早くやめたいばかりです。

 そういえば、平成21年には日精協医療問題委員会の移動委員会を福岡で行います。日精協の移動委員会は、各地の精神科病院の院長先生やその他の職員との交流も目的です。20年に日精協総合情報委員会の移動委員会が福井県であったのですが、『各病院では勤務医が少なく、その日は院長が自ら当直をしていて、移動委員会に参加できない』という状況で、参加できた福井県の院長は2名だったそうです。

 救急医療(特に産科・小児科領域)での医療崩壊が問題になっていますが、福井県の状況が示すように、精神科救急も医療崩壊が近づいています。精神疾患を持った方が『症状の悪化時の対応』なしに、社会で暮らすことはできないのです。そして急激に症状が悪化した場合の精神科救急は、日本全国、民間精神科病院が対応している地域がほとんどなのです。

 またいつものように話が長くなりました。当院の11月1ヶ月の実績ですが、初めて外来を受診していただいた方は17名(ちょっと寂しいなあ)、入院していただいたのが19名、退院されたのが27名(バランスが悪いなあ)でした。・・・よく考えたら、ずっと(急性期病床が)満床で入院を断っていたのが、11月28〜30日にかけ10人近くの患者さんがめでたく退院となったため、こういうアンバランスな状況が起こりました。

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末年始休診のお知らせ

2008年12月08日

十二月三十日(火)〜一月四日(日)の期間は、

外来診療をお休みとさせて頂きます。

年明け一月五日(月)からは、通常どおり診察を行います。

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザの予防接種について

インフルエンザの予防接種をご希望の方は、受付にてお気軽にお知らせください。当院で自立支援を受けられておられる方と精神障害者手帳をお持ちの方は、受付にてお知らせください。



病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。