お久しぶりです

2009年10月31日

弱気な私、ブログが書けない・・・
時間がないのはいつものことですが、そして最近いつもにもまして時間がなかったのも事実ですが、
当院の外来患者さんとご家族、病院職員、同業者(病院の院長たち)、製薬会社のMR、その他にも思わぬ人々が私のブログを閲覧していると知って、書けなくなってしまいました。プレッシャーを感じていました。

そもそもは『言いたい放題ブログ』のつもりだったのですが、自分で変に意識してしまいました。原点に返りたいと思います。

ブログをお休みしている間に、政権交代がありました。戦後の政権を担当し続けてきたLDP(自民党)が、社会の歪みに対応する能力を失ったため、「今度はDP(民主党)にやらせてみよう」という結果だったと思います。
DPは政治主導と言っています。我々の関係する厚労省はどうなるのでしょう。『ミスター年金』といわれる方が、厚労省大臣になりました。医療のことは、全くわかっていない・・・その点については自分でもわかっておられるようです。
その下にいるA政務官には、少しだけ期待しています。『臨床現場を離れて長い、したがって医療のことは全くわかっていない、医師とも呼べない医系技官』よりは、最近までバリバリの外科医だったので、医療の現場を知っているのではないかと。少しはましではないかと、官僚の言いなりになることはないのではと。
しかし彼は精神科のことは知らないと思います。実は私は常々、日本の精神科医療に関して一番問題なのは精神障害者に対する偏見で、精神科以外の医療人の方が一般の人より、精神科に対する偏見が強いような気がしているのです。DP政権は、障害者自立支援法を廃案にするといっていますが、精神障害者の医療保健福祉はどうなるのでしょう。偏見をなくすための施策と予算がどうなるのか、期待と不安を持って見守っています。

松尾典夫




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☀ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。