5疾病5事業

2011年07月09日

これまで医療法第30条の4第2項に、4疾病5事業の規定がありました。4疾病5事業については、『医療計画に明示し、医療連携体制を構築』となっています。
がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病がこれまで4疾患だったのですが、精神疾患が加わって、5疾患となることが正式に決定されました。
この件については、若干の不安があるので、日本精神科病院協会の代議員会でも執行部に対して質問しました。
診療科としての精神科は、これまで厚労省の中で、他の診療科が『医療』の管轄であるのに精神科だけが『障害福祉』の管轄で、何かやりきれなかったのですが、これで、他の診療科の医療と同等の位置になるのなら、そのことはgoodです。
しかし精神科には、守らなければいけない、『健常者に比べて生きていくことが少し難しい患者さんたち』がいるのです。問題は、これから都道府県で策定されるという『地域医療計画』です。
帳尻あわせでなく、障害や疾患を持っている患者さんが、今より幸せになる計画になるように、しっかり見張っていく必要があります。他の4疾患のように、『医療難民〜介護難民を作ってはいけません。今よりも患者さんが不幸になる計画であれば、闘っていくしかないと決意を新たにしています。

松尾典夫




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☁ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組織のトップ

2011年07月08日

今、日本政府のトップについて、いろいろの議論が起こっています。トップの責任の取り方について、私も考えさせられています。
ところで、某プロスポーツチームの会長が、今期の成績不振を問題にし、「誰が、どうしてこんなにしたのか。ちゃんと解明する」と発言したそうです。億万長者が、自分のポケットマネーでチームを持っているならともかく、企業のトップが言うことでしょうか。
まず、企業のトップとして、自らの企業運営がうまくいかなかった責任についてファンにお詫びした上で、原因究明・再発防止を約束するのが本当ではないでしょうか。
これではそのチームが強くなるはずがありません。私も同じようなことをしていないかなあ・・・、気をつけようと思っています。

松尾典夫

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☁ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。