ファイルメーカー

2014年01月13日

当院の若い〜中堅の先生が、ファイルメーカーというソフトと院内LANを使って、院内の各所で病院の状況の見える化を図ってくれています。色々と見えて面白いです。そのうえ、院内研修などを閲覧できるようになり、ちょっとしたe-learningも可能となっています。ただ、あまりにも載っているデータが多すぎて、多忙な私にはすべてを見ることが難しくなっています。出来上がったシステムを、各精神科病院に開示して標準化したいと、システムを作った本人はそう考えているのかもしれません。電子カルテを導入している病院には不要かもしれませんが、本当に面白いシステムです。しかしながら、そこにデータを入力するために、日常の診療や看護をおろそかにすることがあってはなりません。システムを作った本人もそこはわかっていて簡単に入力できるように工夫を凝らしているみたいですと、付け加えておきます。
松尾典夫




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☁ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

2014年01月12日

今や精神疾患は、悪性新生物(すべてのがん・悪性腫瘍)や糖尿病・脳血管疾患・虚血性心疾患より患者数が多いことから、何年か前に国の医療計画の5疾病・5事業に、精神疾患が書き加えられました。これは運用さえ間違えなければ良いことだと思います。でもその後は音沙汰なしです。
一方で精神保健福祉法という法律が書き換えられ、今年施行となります。この法律は本来、精神科の病院(病棟)入院中の方の人権への配慮と、国民の精神的保健の推進、障害のある方が地域で暮らしやすくするためには…といったことが規定されている法律で、基本的には医療のことに関する法律ではなかったはずです。ところが、『精神科医療の提供体制について厚労大臣が指針を示す』ということが、この精神保健福祉法に書き加えられました。厚労省や国の政策の中で、未だに精神科医療は他の診療科と異なって、医療の分野でなく障害福祉の分野が所轄のままです。何のために精神疾患を5疾病5事業に入れたのでしょう。まだ、妙な縦割り行政が続くようです。精神科医療も、厚労省をはじめとする行政の中で、医療を担当する部署の所轄に、早く移してもらいたいものだと思っています。 松尾典夫




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☀ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。