統合失調症家族教室のご案内

2008年10月26日

当院では、というより、・・・私がそれをしたい、しなければいけないという気持ちから、
統合失調症のご家族とご一緒に、UCLAの精神科リハビリの准教授のヤマモト先生の指導の下に勉強会を行っています。彼は変な(日系)フランス人で、時々英語じゃないと細かいニュアンスが伝わらないことがある人です。その点は、当方で資料など十分チェックしています。当初は2〜3ヶ月に1度、現在は毎月1度行っています。今後はわかりませんが今のところ無料で、資料代の実費も頂いておりません。次回は確か、第56回ということです。50回目の時にはケーキ等でささやかなパーティーを行いました。

当初は『ご家族を教育しなければ・・・』という気持ちで始めた試みです。しかし、私たちがご家族に対してに出来たのは情報提供を含めた、一般的な患者に対する対応の仕方と、幻聴体験、患者に対応する御家族自身のストレス管理に関するアドバイスでした。一方で、この会を通じて教育されたのは、実際には私も含めた病院の職員でした。特に患者ご家族同士の話し合い・支えあいは、私たちに教訓的です。・・・今年の九州精神保健学会で、そのことをスタッフが発表しています。

私もその場に参加できると、終わったときに心が癒された気持ちになります。当院も含めてあちこちの病院にBCT(上手なコミュニケーションのとり方)やSST(生活技能訓練)のトレーニングをしているヤマモト先生も、当院で行われているこの教室がとても好きなようです。

ただ、それだけ中身のある会なので、もったいないから多くの患者ご家族に参加して頂きたいと考えています。最初に全員の自己紹介があることがプレッシャーかもしれませんが、あっという間です。たまに、ロールプレイをして頂く場合がありますが、当初の参加では断ることも可能です。参加ご希望の家族は医療相談室にお問い合わせください。他院通院中の統合失調症患者のご家族の参加も歓迎します。
次回は確か、11月28日(金曜日)の予定です。多くのご家族の参加をお待ちしております。

※この記事に関しては、こちらの記事も必ずお読みください。




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。