統合失調症家族教室について、お知らせおよびお詫び

2008年11月17日

当院の家族教室ですが、

 第54回九州精神保健学会において、スタッフが「ともに学ぶ家族教育〜『家族のための勉強会』7年間の歩みを振り返って」というタイトルで発表しました。その発表が福岡県精神保健福祉協会から、『精神保健に関する研究の優秀なもの』ということで表彰されることになりました。

 『優秀な』はほめ言葉でありがたいことですが、『研究』と呼ばれることには抵抗があります。結果的には良い勉強会になったのですが、この発表は院長の思いつきで7年間一緒に参加していたスタッフが、7年間継続したことをとりあえずまとめたいという気持ちで報告したものです。研究をしようとして家族教育を始めたわけではありません。この表彰は、『精神科医療保健福祉活動』において、『有意義な活動をしている』と評価されたものとして受けとめたいと思っています。

 さて、前々回の私の『統合失調症家族教室のご案内』というブログを読んで頂いて、参加したいという連絡を何件か頂きました。とてもうれしくてハッピーな気持ちにさせていただきました。そうなって気がついたのですが、自分勝手に書き込みました。ふと考えると他院通院中のご家族に参加していただく場合の、手続きその他の取り決めをまったくしておりませんでした。多くの患者ご家族に参加してほしいという気持ちは変わりないのですが、やはり『準備不足』です。この活動は、いろいろな職種のスタッフがチームを組んで行っています。

 『他院に通院中のご家族の参加も歓迎しております』と、院長ブログに書き込みました。しかしその受け入れのシステムができていません。自分勝手なことですが、本日(11月17日)までにお申し出のあったご家族にはできるだけ善処させていただきます。11月18日以降にお申し込みいただいた方については、これから手続きその他の取り決めが確定するまで、しばらくお待ちいただくことになります。システムが出来上がれば、またアップしたいと考えています。勝手な言い分ですが、なにとぞご理解いただきたくお願いいたします。

松尾病院長 松尾典夫

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事