二枚舌の厚労省

2009年05月13日

dansyu.gif精神科病床は、医療法の上では、『精神疾患を有するものを入院させるためのもの』となっています。それはそれでよいのですが
厚労省は平成17年度『全国児童相談所長会議資料』にはっきりと、@「精神病院に精神保健福祉法に基づかない入院を禁止する規定などは存在しない」と記載しています。
その一方で、18年(だったと思います)の精神医療審査会全国協議会に参加した厚労省の役人が、A「精神病床に入院する以上は精神保健福祉法に基づいての入院であるべきだ」と述べています。
??? ・・・どうなっているのでしょう
@は、『児童福祉法に基づく一時保護』について出たお話です。一時保護を『適当な者』に委託することが出来るという規定があって、一時保護の対象である児童が、精神的なケアが必要である限り、精神病床に入院させるに当たって、精神保健福祉法に関係なく、児童相談所の権限によって児童福祉法に基づく一時保護委託が可能ということです。
Aは、認知症で状況を判断できない患者が精神病床に入院する場合には、精神保健福祉法による入院になるわけなので、必ず医療保護入院にするべきだという話です。
例によってご都合主義なのかもしれません
縦割り行政の問題が、他省庁との間だけでなく、ひとつの省庁(厚労省)の中でも起こっている、というお粗末な話です。
こんなお粗末な省庁に、日本の保健・医療・福祉の今後のあり方を任せていて良いのでしょうか。
また、こんなお粗末な省庁が我々の所轄官庁なわけです。よくやっていますよねえ、その下で私たちは・・・

松尾典夫

北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページはこちら

松尾典夫 | 福岡 ☁ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事