診療報酬改定(2)

2010年02月20日

今回の診療報酬改定は、上がると思っていたのに、そうも行かないようです。
 前回書き込んだ外来再診料の件ですが、病院の再診料を上げていただいたのはありがたいことですが、開業医の先生方(診療所・クリニック)の再診料を下げて、その分のお金で、病院の再診料を上げたということのようです。病院と開業医の再診料を統一することには反対しませんが、本来なら、開業医を下げるのではなくて、これまでの開業医の水準に統一することが当たり前のような気がします。
 次に入院医療費の件です。精神科の入院診療報酬は、他の科の比べて、安く設定されています。そのこと(赤字になってしまう)が大きく関係していると思うのですが、全国の公的な病院の精神科病棟が閉鎖されています。そのこともあって、今までより『看護師が多くいて、診療報酬も高い』精神科病棟の基準が作られました。そうすると、公立病院はその基準に移行して、医療費が増えると思われます。
その増える医療費を捻出するために、(ほぼ同額という試算なのだそうですが)精神療養病棟の診療報酬を下げることになったようです。その他の病棟でも入院期間の長い患者さんの診療報酬が下がります。
それでよいのでしょうか。精神科以外の診療科でも、急性期医療を重視して、長期入院の診療報酬を下げる傾向があるのですが、精神科病院の場合、病院で一番治療の難しい、重症な患者さんは長期入院しているのです。
 経済的な裏づけがないと、良い医療は出来ません。私はそんなことをしているより患者さんを拝見していることの方が好きなのですが、今のところは上質な精神科医療を実現するために、診療報酬改定を見て、どう病院を運営していくのか、真剣に考える必要がありそうです。
 松尾典夫

北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページはこちら

松尾典夫 | 福岡 ☁ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事