『制度やお役人』が現状についていっていない

2010年07月31日

大阪で、母親から養育拒否された幼い子供が二人、マンションの自室で餓死したというイタマシイ事件がありました。本当に言葉もないのですが、二人の子供のご冥福を祈らずにいられません。
この事件で母親を非難するのは簡単です。でも、戦後教育で、多様な価値観が生まれ、『母としてより、女としての自分を大切にする』という価値観が、若い女性の中に生まれてきているのは事実のようです。私自身、そんな考えをよしとすることはないのですが、現実なのです。餓死させないまでも、母親が『子供を育てることをしなかった』という結果の心の問題を抱えた人が、支援者と一緒に精神科病院を受診することが増えています。こういった人への対応はとても難しくて十分なことが出来ていない気がします。
『何故この結果を防げなかったのか』なんて深い議論をするつもりはありません。
でも周りの人が心配です。このマンションの同じ階に住む人たちは当然異変に気がついていて、警察や児童相談所に連絡していたということです。人は、災害や事故で周りの人が亡くなったのに自分が助かった時に、「何故自分だけが助かった」と、自分を責める気持ちになるものなのです。人は、周りの人が自殺したときにも、「自分が何かしていればこの人は自殺することはなかったのではないか」と、自分を責める気持ちが起こります。近隣の人たちは、『子供の泣き声を聞いても、直接にはどうすることも出来ず、関係機関に連絡する』という適切なことをされたのですから、どうかこの悲惨な結果から自分を責めないでください。
最後に、最近の若い人たちの価値観が代わっていることを踏まえ、『みんなが自分たちと同じ価値観を持っている』という幻想は捨てて、通報を受けたお役人は適切に対処して欲しいと思います。少子高齢化時代に生まれた子供は、国の宝なのです。親が何らかの理由で育てられないだけでなく育てようとしない場合も、親だけに任せず(親の世代は色々な価値観を持ってしまっているのです)に、社会(国)でそういう子供を育てることが出来るようにするべきなのかも知れません。・・・大昔、人類は、社会で子供を育てていたのです。
最近、本当にいろんな価値観が生まれています。『母としてより、女としての自分を大切にする』ことに私は反対ですが、そういう価値観が、絶対的に間違えていると言い切れない面があります。特にそういう気持ちでも、子育てがしっかり出来ていれば、間違いだと決め付けることは難しいように思います。
むしろ『自分はどうしても子供に愛情がもてない、育てようという気にならない』とか、『つい子供に手を上げてしまう』とか、そういうお母さんたちが気軽に相談できて、場合によってはお母さんから子供を預かる、そういう仕組みがよいとは思いませんが、現時点では緊急避難的に必要なのではないかと感じています。

松尾典夫




病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | 福岡 ☀ | 院長ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。