アルコール依存症の方々のための断酒友の会 会報誌

2009年01月07日

断酒会 会報誌 北九州断酒友の会断酒会の会報誌、新年号を今年も作成する事ができました。
ご協力いただいた方々に感謝いたします。

※断酒会とは、アルコール依存症の方々が
酒を断つために集まり、自分の経験、失敗談、
家族の怒りなどを語り合い、一緒に酒を断つ集まりです。









病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神療法・薬物療法・社会復帰療法・作業療法・生活技能訓練・中間施設としての精神科デイケア

2008年05月20日

■■■■■■精神科の治療には主に以下のようなものがあります。

<精神療法> 診察という形で医師が行うものです。症状や悩みを聞くことによって現在の状態を診断し、それらの悩みに対してアドバイスをしたりします。

<薬物療法> 精神科疾患で起こってくる症状に対して、薬物を用いることによってそれらの症状を抑えるものです。

<社会復帰療法> 精神科の病気に長くかかっていると、生活障害といって 日常生活をうまく送れなくなることがあります。生活障害に対する有効な薬物はなく、リハビリが必要になります。


* 作業療法 人間の能力(身体・精神ともに)は使わなければ徐々に衰えてしまいます。作業療 法では様々な活動を通じて、生活の質(QOL)や活動性の向上を図り、さらには対 人関係の改善、作業能力の向上を図ります。

* 生活技能訓練 Social Skills Training(SST)といい、対人関係を中心とした日常生活上の様々 な問題について、それらの解決方法についてロールプレイを通 じて学習していくもの です。

* 中間施設 医療と社会の中間施設としてデイケア(Day Care)があります。精神科デイケアは “退院はしたもののまだ仕事をする自信がない”“人とうまく付き合えない”などの 悩みを持つ人たちを対象に、集団での活動や話し合いを通 して、社会的かつ精神的に 健康な生活を取り戻し、維持できるようにサポートするものです。



病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健所・各区役所内の保健福祉課(保健福祉相談係)・精神保健福祉センター・男女共同参画センター「ムーブ」・思春期ダイヤルへの相談

■■■■■■■■ 相談するには・・・

●イライラする
●気持ち落ち込んで抜け出せない
●どうしても眠れない
●身近な人が 思い詰めていて心配だ.........etc

いろいろな「こころ」の悩みを抱えて困っている方、精神科よりも、心療内科よりも、もっと気楽なところで相談してみたいという方は以下の連絡先をご検討ください。

                         

■保健所・各区役所内の保健福祉課(保健福祉相談係)

保健婦、専門医師が、相談に応じてくれます。
相談は無料です。
予約が必要なのでまずは問い合わせを。
電話での相談も可能です。


《保健福祉相談係》
  門司(門司区役所内) tel. 093-321-4800
  小倉北(小倉北区役所内) tel. 093-571-4800
  小倉南(小倉南区役所内) tel. 093-952-4800
  若松(若松区役所内) tel. 093-751-4800
  八幡東(八幡東区役所内) tel. 093-671-4800
  八幡西(八幡西区役所内) tel. 093-645-4800
  戸畑(戸畑区役所横) tel. 093-881-4800
 
 利用時間:(月)〜(金)の 8:30〜17:00 



■精神保健福祉センター

精神保健福祉に関しての中核となっています。
窓口は各区の保健福祉課(保健福祉相談係)。上記の連絡先となります。予約もそちらでどうぞ。

自分のこと、家族のこと「こころ」の問題への対応に困っている方 のためのに。

tel. 093-522-8729

利用時間:(月)〜(金)の 8:30〜17:00 



■男女共同参画センター「ムーブ」

心理相談員がジェンダーの視点から相談に応じてくれます。
予約が必要なので、まずは問い合わせを。

tel. 093-583-3331

利用時間:
(火)〈水〉〈木〉〈土〉(日)の10:30〜13:00・16:00〜17:00
(金)の13:00〜17:00



■その他  思春期ダイヤル 

tel. 093-522-1786

*このページでは特に、北九州市の公共機関を挙げてあります。
他地域の方は、お近くの保健所や市政ガイドなどでご確認ください。  

病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「甲状腺」と「うつ状態」、「更年期障害」や「マタニティ・ブルー」など

■■■■■■■■ (その1〉ココロにいたずら

ココロとからだは
みなさんが思っている以上に
「つながり」を持っています。


ココロが処理しきれないほどの
「苦しみ」「悲しみ」を持ったとき
それを表すために
「一番 苦しかった記憶」を呼び出して
いろんな症状を引き起こしたりすることがあります。


「苦しい」思いが
自分でも気付かぬうちに変換されて
忘れかけていた発作で
「誰か」に気付いてもらいたいと
「SOS」を出しているともいえます。
(経験したことのない症状で苦しむこともあります。)


その症状の原因が知りたくて
病院で検査を受けても
「異状はありません」
と、言われて
「こんなに苦しいのに?」
「大きい病院じゃないと判らない難病かも?」
と、さらに不安になってしまったり
「病気じゃないんだから」
「いままで出来ていたのに何で出来ないの?」
と、思われてるんじゃないかと心配し
症状をひどくしてしまう例も少なくありません。


今まで かかった病院で
心理的なものが原因だと言われたら
検査を受けてみるような気持で
「ココロ」を診てもらうことを考えてみてくださいませんか?


「生きている」わたしたち人間は
(もちろん動物たちも)
「からだ」だけで出来ているわけじゃありません。
だれでも「ココロ」をもっているのですから
その「健康」を守ることも考えてみましょう。

願わくは「自分だけ」ではなく・・・。


■■■■■■■■ 〈その2〉カラダのいたずら

わたしたちのカラダは
自分で考える以上に
フクザツな「つくり」で出来ていて
さらに
フクザツな「しくみ」で動いています。
カラダの「しくみ」のバランスが
ほんの少し くずれる事で
カラダだけでなく
ココロにまで影響を与えたりします。


たとえば
「マタニティ・ブルー」
カラダが赤ちゃんを産む準備として
おかあさんの身体を変えはじめると
ココロにまで影響をあたえ
とても不安定になるのです。
最近では
男の人にでもあるのでは?と言われている
「更年期障害」も同じ様な例です。


その他にも
「甲状腺」という場所の異常で
「うつ状態」になる事がよく知られています。


しかし
自分で この「いたずら」に気付く事は
とても とても難しいのです。
周りの人にとっても
時には お医者さんにとっても・・・です。


けれど
その「可能性」を指摘されたら
自分の大きな「痛み」「苦しみ」だけに こだわりすぎず
検査・治療を受け入れて
みましょう。


ほんとうの「健康」は
ココロとカラダ
両方のバランスが そろっていることなのですから。



病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病や精神科の病気・患者様について

■■■■■■精神科の患者さんの多くは心やさしい人々

 精神科の病気と聞くと、何か恐ろしいような、絶望的なもののような先入観を、多くの方々がお持ちなのではないでしょうか。 特に、佐賀のバスジャック事件や、大阪の池田小学校事件などの報道を見ると、とんでもない病気のように思われる方も多いのではないのでしょうか。

 しかし、あの事件について、本当に犯人が精神科の病気だったのかどうかはわかりませんし、精神科の病院や診療所に行かれたことのある方は御存知の事と思いますが、多くの患者様たちは、心やさしい方々です。


■■■■■■増えている精神科の病気、特にうつ病

 精神科外来の病気の中で一番多いのは、いわゆる『うつ』を主な症状とする病気です。

 世界保健機構(who)の予測でも、2010年には、『広い意味でのうつ病』がガンや心臓病などを含めたすべての病気の中で、世界で2番目に多い病気になると予想されています。

 精神科の病気は決して、特別な病気でもなんでもないのです。しかも、最近では以前の薬と比べて、副作用の少ない、とてものみやすいお薬が出来ていて、お薬をのみながら普通に暮らしておられる方も少なからず居られます。

気軽に精神科の医療機関を受診してみたらいかがでしょうか。


■■■■■■心療内科や、他の科では見てもらえないのですか?

 本当に、単なるうつ病であれば、死にたくてたまらない時期を除き、心療内科などでも治療できます。心身症などは、心療内科の方が専門といえます。しかし、うつを起こす病気や精神面 に原因があって身体に症状の出る病気はほかにもたくさんあって、本当にうつ病や心身症かをきちんと調べる必要があります。そのためには、一度は精神科の受診をお勧めします。


病院 北九州市小倉南区の精神科・内科:松尾病院のホームページ
院長 松尾典夫 | コラム・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。