応急入院指定病院

2015年12月24日

平成28年1月1日より、松尾病院は精神科応急入院指定病院となります。北九州市で二番目の指定です。応急入院というのは、緊急の医療保護入院というか、迅速に医療及び保護を行なう必要のある患者さんに、本人・家族の同意がはっきりしなくても、72時間に限って入院加療を行うことが出来る制度です。その間に、家族などの同意を得て治療を継続するという仕組みです。そういう患者さんが地域に現れたら、応急入院指定病院が24時間365日対応することとなります。大変ですが、これからも地域に役立つ病院であり..
posted by 院長 松尾典夫 at 05:56

久里浜日記

2014年07月03日

現在、神奈川県の久里浜医療センターに、医師が対象のアルコール医療の研修に来ています。4日間の研修です。ここ10年以上、3日間以上病院を空けることができなかった私にとって、勇気のいる決断でしたが、受講したことのある医師の急な退職で、私が受講することにしました。 同研修の受講者のは、アルコール専門病棟の担当医になった、あるいはそういった病棟のある病院に移動になったので勉強しようという先生方、受講した医師が退職するので、上司から行って来いと言われた先生もおられました。行政のお医者..
posted by 院長 松尾典夫 at 08:09

今年もよろしくお願いします

2013年01月03日

しばらくブログをお休みしていました。申し訳ありません。その間に、世の中で、いろんなことが起こりました。ロンドン五輪や、政権交代や選挙(日本だけでなく、米国・中国・韓国でも)や、了解不能なミサイル発射などなど、いろんなことが起こっています。私にとって昨年は良いとは言えない一年でした。昨年1月に父が、5月に母が亡くなりました。それに加えて私自身が左アキレス腱付着部周囲炎になって、一時的に松葉杖や車いすを使用したり、左の肩を強く打って、肩が全く上がらなくなったり、まあ、とんでもない..
posted by 院長 松尾典夫 at 18:35

薬剤師の先生募集

2010年07月08日

精神科病院への勤務に抵抗感のある薬剤師の先生が多いと聞いています。 向精神薬は難しいとか、患者さんが怖いとか、先入観が強いのではないでしょうか。 このブログで書き込んできたように、精神科、中でも統合失調症の患者さんたちは、実はとても優しい人たちなのです。 最近の精神科病院では、生活技能訓練、コミュニケーションのトレーニング、家族教育など、患者さん・家族とともに学び、いろんな職種とともにチームとして疾患に対処するなど、薬剤師としての専門性を発揮する場が多くなっています。 ..
posted by 院長 松尾典夫 at 21:33

北九州断酒友の会松尾病院支部45周年記念大会

2009年05月09日

北九州断酒友の会松尾病院支部45周年記念大会のブログ記事に添えたアイコン 『幸せに生きています、断酒して』というテーマで、明日5月10日、病院内のデイケアセンターで記念大会を行います。回復して『健康で、良い人生を生きられる』ために断酒しているのだと、断酒会に参加していて教えられました。アルコール依存症すべての方に断酒して幸せに生きて欲しいとの願いをこめて、テーマを決定しました。アルコール依存症にかかわらず、かかわった患者さんすべてに、幸せに生きて欲しいというのは、医療人としての私の基本的な願いでもあるのです。  昭和39年12月13日、九州の地..
posted by 院長 松尾典夫 at 04:09

旧年中はお世話になりました

2009年01月01日

 昨年8月に祖母をなくし、喪中欠礼中です。ブログでの新年の挨拶は控えさせていただきます。  さて、昨日(大晦日)は病院の宿直業務でした。雪やヒョウが舞って寒い一夜でした。皆さんカゼに気をつけて下さいね。  今朝(元日)、当直明けに病棟をまわったっときには、内心どうしようと考えながら、職員や患者さんに普通に新年の挨拶をしていました。当院入院中の患者さんの病気で一番多いのは『統合失調症』の方です。彼らはとてもまじめで心優しく、義理堅い人たちです。『やや働きすぎ』の私に対し、体..
posted by 院長 松尾典夫 at 13:25

統合失調症家族教室について、お知らせおよびお詫び

2008年11月17日

当院の家族教室ですが、  第54回九州精神保健学会において、スタッフが「ともに学ぶ家族教育〜『家族のための勉強会』7年間の歩みを振り返って」というタイトルで発表しました。その発表が福岡県精神保健福祉協会から、『精神保健に関する研究の優秀なもの』ということで表彰されることになりました。  『優秀な』はほめ言葉でありがたいことですが、『研究』と呼ばれることには抵抗があります。結果的には良い勉強会になったのですが、この発表は院長の思いつきで7年間一緒に参加していたスタッ..
posted by 院長 松尾典夫 at 19:58

統合失調症家族教室のご案内

2008年10月26日

当院では、というより、・・・私がそれをしたい、しなければいけないという気持ちから、 統合失調症のご家族とご一緒に、UCLAの精神科リハビリの准教授のヤマモト先生の指導の下に勉強会を行っています。彼は変な(日系)フランス人で、時々英語じゃないと細かいニュアンスが伝わらないことがある人です。その点は、当方で資料など十分チェックしています。当初は2〜3ヶ月に1度、現在は毎月1度行っています。今後はわかりませんが今のところ無料で、資料代の実費も頂いておりません。次回は確か、第56回..
posted by 院長 松尾典夫 at 19:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。